<< 日本は外国人に平等な待遇してますが? | main | GOOGLE EARTHすごい >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

クリックしてや−−> ☆人気ブログランキング☆
Post by スポンサードリンク | - | permalink | - | -
By 得丸久文(ShinRai)

ナショナリズムも、つきつめれば浪漫主義的妄想のひとつに過ぎない。
今、ナショナリズムという妄想に代わりえる妄想が必要である

*** 地球浪漫的読書案内 小熊英二著「<民主>と<愛国>」(2002年、新曜社, 税別6300円) ***

* ナショナリズムの定義

 8月に読書会の仲間と、小熊英二著「<民主>と<愛国>」という大著を抱えて一泊二日の合宿をした。土曜日の昼に集まって、読書会を始め、夜の宴会もそこそこに読書会を続けて序章から第13章まで読み、翌日昼過ぎまでかかって第14−16章、結論まで読んで、最後に意見交換を行った。
 結論を担当した私は、小熊のナショナリズムの定義(ナショナリズムとは
「心情の表現手段として『民族』や『国家』という言葉が採用された状況」とし、その心情は極めて多様であり、それぞれをナショナリズムと呼ぶかどうかは各人の自由という。)があまりに広かったので、できるだけシャープな議論を導くために、自分なりの定義を持ち出した。
 私の定義では、「ナショナリズムとは、近代国民国家体制において主体である国家と、国家の領土に住む人間集団である民族を、同一の概念であるNationによって表すことにより、国民Nationという新たな抽象的概念を作り出し、国家(統治機構)と民族(人間集団)の運命共同体(B・アンダーソンのいう「想像の共同体」)としての国民意識を人々に植え付ける思想。」である。
これはいうまでもなく、ナポレオン戦争以来の、すべての国民を戦争に巻き込んで総力戦を闘うための思想である。いうならば、ナショナリズムとは、近代国民国家が、領土内に住む人々に、命をなげうって総力戦に参加してもらうための神話である。
 より概念をシャープにするために、ナショナリズムの性質について整理すると、ナショナリズムは、
■ 事実や自然の観察にもとづく科学的・帰納的概念ではない。逆に、国家=
民族という想像上の関係性があたかも実在しているかのように思わせるため
の、演繹的で、非現実的な、想像上の概念である。
■ 近代国民国家という制度・システムと一体のものである。民族解放戦線は
国民国家樹立のために戦っているのであり、国民の国家への義務抜きでは考えられないものである。したがって、たとえば在日朝鮮人のように自分たちの国家を想定しない民族主義は、国家=民族=国民を前提とするナショナリズムとは別のものである。

おそらく戦後の日本において、ナショナリズムが危険思想とされたのは、日
本の戦前のナショナリズムがあまりに人々の心を捉え、若い命を散華させた特攻隊や身も心も捧げる国家総動員体制づくりに貢献したからであろう。
 戦前の日本のナショナリズムは、国家=国民=民族という関係性に加えて、国家の主権者である天皇が、民族の構成員である個々の臣民と、想像上の親子関係にある(「天皇の赤子」)という神話が作り出され、流布されていた超国家主義、あるいはターボ・ナショナリズムであった。
 この神話を否定したのがアメリカの占領政策であり、超国家主義に懲りた国民もアメリカの政策を受け入れた。しかしながら、戦後日本のナショナリズムの否定は、やや行き過ぎた感もある。
 
* 新たな神話、新たな妄想が必要な時代

 私は、ナショナリズムがよいとか悪いとかを、ここで議論するつもりはな
い。結局、ナショナリズムも、浪漫派的な思い込み、あるいは妄想のひとつに過ぎないということを確認したいだけである。
 国家=民族=国民という神話によって、近代国民国家体制は維持されてきた。しかし、地球環境危機、エネルギー危機、食糧危機が予見されえる21世紀において、国民国家体制が機能しつづけるとは思えない。
戦争のやり方ひとつをとっても、1999年のコソボ空爆も、2001年のアフガニスタン攻撃も、2003年のイラク戦争も、旧来の国家対国家の戦争とは異なっている。
 だとしたら、もはや、ナショナリズムの神話によって人々の心をひとつにしても意味はないだろう。新たな状況に対応するために、新たな神話、新たな思い込みが、作り出され、人々の心を支配する必要がある。それは嘘でもいい。事実でなくてもいい。ただ、人々の行動を正しい方向に束ねるための、思考装置として必要なのである。さもなければ、これから世界はますます混沌を極め、人類は一気に滅びていくのだろう。
(2005.9.5得丸久文)

注:以上の文は元々国際戦略コラムで現れてるものです。
原作者の許可を取って、色・色に載せて頂きました。

連関情報:

得丸久文さん(ShinRai)のミクシイプロフィール

国際戦略コラムで載せてる原文
クリックしてや−−> ☆人気ブログランキング☆
Post by ゲスト ブロガー | 世界 | permalink | comments(6) | trackbacks(11)
クリックしてや−−> ☆人気ブログランキング☆
Post by スポンサードリンク | - | permalink | - | -
COMMENT
ナショナリズムの定義が国際的に、国家=民族=国民としたとしても、、日本国民にとって、統一されたナショナリズムの定義とは、ほぼ、戦後、戦前では違うと言ってもいいだろう。

日本国民にとってナショナリズムとは、軍国主義、国粋主義を指し、且つ、現在の日本人が「日本民族」を知らない。もしくは語ることがない現状において、日本人においては、ナショナリズムに変わる妄想といっても、「ナショナリズム」の定義すら一本化できないということになるのかもしれない。

いいいたいところは「ナショナリズム」に変わる〜〜〜と言ったところの意味は理解できるが、日本人においての「ナショナリズム」と世界における「ナショナリズム」の定義は、完全に理解の範疇ではないところから
まず「ナショナリズム」とは何なのか。
まず、戦後教育を受けた日本人と、戦前教育の日本人とでは、まるで思想が変わってしまっているという現実に着目して欲しい。
それは
>おそらく戦後の日本において、ナショナリズムが危険思想とされたのは、日本の戦前のナショナリズムがあまりに人々の心を捉え、若い命を散華させた特攻隊や身も心も捧げる国家総動員体制づくりに貢献したからであろう。
 戦前の日本のナショナリズムは、国家=国民=民族という関係性に加えて、国家の主権者である天皇が、民族の構成員である個々の臣民と、想像上の親子関係にある(「天皇の赤子」)という神話が作り出され、流布されていた超国家主義、あるいはターボ・ナショナリズムであった。
 この神話を否定したのがアメリカの占領政策であり、超国家主義に懲りた国民もアメリカの政策を受け入れた。しかしながら、戦後日本のナショナリズムの否定は、やや行き過ぎた感もある。

ということから、もし言葉だけでなく理解したいとおもうのであれば、実際、自分の足で感じて欲しいと思う。

それは、取材ではなく安い居酒屋、飲み屋でも聞けるだろうが、史実としてではなく、自分の足で、耳でぜひ聞いて欲しいと思います。
| ぷう〜 | 2005/09/30 2:34 AM |
はじめまして。私は「非国際人養成講座」というブログを運営してます。海外に住んでいますので、日本人にナショナリズムが希薄なのは良くわかります。しかし、ナショナリストではないと海外では生きにくいと思っています。
戦後日本の繁栄はナショナリズムからの解放による部分も大きいとは思いますが、失ったものもまた大きかったのだと思います。しかし、なくしたものを取り戻すことはできません。今更教育勅語などを持ち出してもどうにもなるものでもなりませんが、なんとかそれに代わる価値を見つけなくてはいけませんね。
| 石嶋 勇 | 2005/10/11 11:41 AM |
ぷうー様、石嶋様、
コメントありがとうございました。

ナショナリズムに、百人百様の定義(意味づけ)があること、おっしゃられるとおりだと思います。(鈴木孝夫さんによれば、もともと意味とは、個人の体験の集積ですから、ひとりひとりバラバラであるもののようです)

また、海外で暮らすと(私も7年間海外にいました)、「日本人はこうはしない」、「日本だったら、○○だ」、「日本の古典を読んで、目から鱗が落ちた」といった経験をいくつもしました。
海外で暮らすことによって、日本という国を知るようになったといっても過言ではありません。

しかしながら、意味も定義もバラバラなナショナリズムを使わないで、ものを考えよう、世界を考えないことには、いけない時代になっているのではないか。というのが私の提案です。

地球という惑星と、そこで異常繁殖してしまったハダカホネクイサルの末裔である人類と、その他の生き物の将来を考えるにあたって、ナショナリズムの考えを使うと思考が鈍るように感じるのです。

| ShinRai | 2005/10/13 9:22 AM |
初めまして

『すばらしい記事です!』
     の一言

   尊敬いたします
| おしゃべりインコ | 2006/01/14 9:06 AM |
read this
| college at home | 2006/03/15 2:58 AM |
great site
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
さて今日は60年目の8・15。戦争体験を持たない私が多少 なりとも「あの戦争」から何かを学ぶためには戦争体験者の言 葉に耳を傾けるのが一番ではないだろうか。 という事で今日は、私の愛読書の中から、「あの戦争」に関し て書かれた言葉で、心に銘記しておきたい
| サブカル雑食手帳 | 2005/09/29 7:05 AM |
環境権、知る権利など明記 自民改憲案に新たに5つ 自民党新憲法起草委員会(委員長・森喜朗前首相)は26日、11月の立党50年式典に合わせ発表する党憲法改正草案の最終案に環境権、知る権利など5つの「新しい権利」を盛り込む方針を固めた。  環境権は「国
| 日本人的視点 | 2005/09/29 11:20 AM |
     本日は時間がありませんのでこれだけですが、「韓国人につけるクスリ」の表紙が完成致しました。かわいらしいノムちゃんになっております。いかがでしょうか。 ---------------------------------------------------------------------------------- 応援
| 今だからこそ・・・ 韓国斬り !! | 2005/09/29 7:39 PM |
私には最近思わされてならないことがある。 それは、平和や自由という言葉に侵され堕落しきった日本という土壌においても、命懸けで守るべきものを守ろうとする偉大な英雄予備軍達が
| ZWY | 2005/09/29 10:08 PM |
[「恫喝=被虐のポピュリズム」を煽る詐欺的演出の実像] (1)「恫喝=被虐のポピュリズム」に踊らされる人々の実像  当Blog記事「『踊るポンポコリン化した小泉劇場』の深遠を探る」(http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20050918)で既に触れたことですが、総選挙で
| toxandriaの日記 | 2005/09/30 1:48 PM |
ナショナリズムや愛国心を論じる際、偏狭な、偏った、歪んだ、扇動された、排外的な、それはダメで、そうではない類の健全な、純粋な、正しい、正常な、普通の国のそれはよいのだ!、なんていうレトリックってよく見かけますね。 例えばこんな感じ(手近なところで再び
| pinkblue blog | 2005/10/06 10:43 PM |
[民主主義の危機]「大東亜戦争」前夜を想起させる小泉首相の靖国神社参拝とマスメディアの対応    日露戦争(1904〜05/明治37〜38)の前後に日本のメディア(新聞・雑誌・映画など)が急速に発達したという歴史があることは良く知られています。その背景の一つには印
| toxandriaの日記 | 2005/10/21 5:48 AM |
  小泉構造改革は、「不良債権処理なくして成長なし」という大衆受けする呪文を唱えながら多くの企業の命運を絶つ政策を断行し、あらゆる企業にリストラを強制し、年平均3万人を超える自殺者をもたらす社会・経済環境づくりに邁進し、多くの弱者を切り捨てただけに過
| toxandriaの日記 | 2006/01/09 6:10 AM |
政治関係に深く立ち入らないを当ブログの姿勢としてますが   今回は客観的立場で観
| ★ インコが耳元でつぶやいた ★ | 2006/01/14 9:10 AM |
「<善>なる戦争なんてない。善は戦わないこと、殺し合わ ない途を見つけることだけです。だから、どんな戦争に対して も、絶対的なノンnonしかない。(中略)『夜の果てへの旅』 の主人公バルダミュもノンを宣言した。よく見えるがゆえに、 見えない人々による汚名を
| サブカル雑食手帳 | 2006/02/16 12:38 PM |
眼前の恐怖も想像力の生みなす恐怖ほど恐ろしくはない。      ウィリアム・シェークスピア『マクベス』人間が感じる不安は、大抵は想像力・・・・というより、妄想力のなせる業。実体がないことは解決しようがありません。大切なのは、悪いほうにばかり考え...
| 占い、姓名判断、ご縁、結婚相談、妊娠・産後ダイエットの悩み解決情報サイト | 2007/06/27 10:18 AM |
ABOUT
  • 色色について
  • Neo*utOについてスカイブでNeo*utoと喋るchat with Neo*utO
  • ゲストブロガーついて
  • 色色足跡帳
  • SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    SEARCH
      <div class="linktitle">PROFILE</div> <a href="http://iro-iro.jugem.jp/?pid=1"><img src="http://photos1.blogger.com/blogger/5814/795/1600/USERPIC_PHP.gif"/></a> <div class="linktext"> <ul><li><a href="./?pid=1" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_user');">Neo*utO</a></li> <li><a href="./?pid=2" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_user');">ゲスト ブロガー</a></li> <li><a href="./?pid=3" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_user');">About 色・色</a></li> <li><a href="./?pid=4" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_user');">色・色を応援</a></li> <li><a href="./?pid=5" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_user');">sakiko</a></li> </ul> </div>
    NEO*UTO ON
    FRIENDS
    LOOK
    <div class="links"><div class="linktext"><div id="jgSideAdContainer"><!-- ユーザーブログ 2018年新卒サイト用 120*240バナー --> <a href="https://recruit2018.pepabo.com/?utm_source=jugem&utm_campaign=2018_entry&utm_medium=banner" target="_blank"><img src="http://imaging.jugem.jp/user_blog/ad/userblog_recruit2018_bnr.png" alt="新卒採用2018 | GMOペパボ株式会社"></a></div></div></div>

     

    OTHERS
     Admin  | RSS1.0 |  Atom0.3 

    CREDIT
     Jugem for web hosting  | Spread for original design 

    COPYRIGHT
    Creative Commons License
    Except where otherwise noted, this site is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivs 2.5 License

    by Hsieh Ping Han.

    この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
    Neo*utO TV