一定期間更新がないため広告を表示しています

クリックしてや−−> ☆人気ブログランキング☆
Post by スポンサードリンク | - | permalink | - | -
まず最初に、実は私はターネーション(Tarnation)を見たことありません、だがしかし、私はこの映画の内容に対して凄く興味を持ち、何か惹かれるものがあります。

日本語公式サイトからの紹介:

“ターネーション”の意味は、天罰、破滅、地獄に落ちる、永遠の断罪。
これは31才までジョナサンが辿ってきた人生の軌跡。
かつてはモデルとして美しさを誇った母が精神病に苦しむ現状、家を捨てた父、幼い頃に受けた虐待の記憶、自らも蝕まれていく【離人症】という病による精神と肉体の分裂、ゲイであるセクシャリティ、アメリカの家族のあり方−。
そして今なお安らぐことのないアメリカの魂の、未来への希望。真実のドキュメンタリーは、どんなフィクションよりも強く心を動かす。

ジョン・キャメロン・ミッチェルの新作映画の俳優オーディション用に送ったビデオから、ジョン・キャメロン・ミッチェル、そしてガス・ヴァン・サントにその異常な才能と作品力を見出され映画完成に至ったというアメリカン・ドリームを果たしたジョナサン・カウエット。11才の頃から撮りためた膨大なフォト・コレクションや映像を、iMovieでわずか218ドル(約2万円)という超低予算で編集。この掟破りな監督デビューは、ドキュメンタリーの枠を超えて、新たに映画製作への初期衝動を揺さぶるにちがいない!

予告編: Real Plaer | Windows Media Player

この映画本当に凄い、色んな映画祭を出て色んな賞とった

全米批評家協会賞最優秀ノン・フィクション映画賞 / ボストン映画批評家協会賞最優秀初監督作品賞 / ロサンゼルス映画祭最優秀ドキュメンタリー賞 / ロンドン映画祭最優秀初監督作品賞 / カンヌ映画祭 ・ トロント映画祭 ・東京国際映画祭正式出品

Rotten Tomatoにようる、アメリカでは92%の映画評論家に支持されてる

実際見てない映画を紹介するのもおかしなことですが、

私が何よりも気になるところは、ターネーション自体ではなくターネーションが象徴(代表)する未来の情報つくり産業。

この何年間で

情報革命知的社会(又は情報化社会)の台頭によって、

情報操作する為の道具が安くなり、また一人でも出来る程簡単に使いやすくなる。
個人メディア(個人出版)作る為の道具のコストも安くなる
知識人が増えて、多くの人が自分の持っている情報をネットで載せる。

情報革命は以上の供給の方向変化だけじゃなくて、

需要もまた増える、
例えば、ヤフー、グーグル、ライブドア、SEESAA、アマゾンと色々なニュースサイト
が、ネット上で無料サービスを提供できるのも、ネットを使う人が増えていることにより
無料でも広告または宣伝の売り上げだけで経営できるわけです。

ネットサービス価格の値下げ → ネット使用者の増加 → さらにネットサービス価格の値下げ → またネット使用者の増加
という需要と供給の相互関係の循環が進むと、

情報提供は大型な出版社、スタジオ、レコード会社から、どんどん個人メディア(例えば、ブログでニュース書く、iMovieで映画を作る、Logicで音楽を録音する)という小型傾向になって行くでしょう。

もちろん伝統的な出版社、スタジオ、レコード会社は完璧になくなることはないでしょう。

だが、現在のようなステータスは無くなると言い切れるでしょう。

まとめると、これからの未来は個人メディアの世界になってくる。

常に未来の最前線に居たいあなたは是非、ターネーションを見るべきであり、 ブログを掲載している方はもっとブログに力入れるべきあり、 ブログをお持ちでない誰よりも詳しい情報を持っている、または他人とは違う観点を持っている方は、是非ともブログを初めて、この私のブログとリンクして、色・色を紹介するべき(笑)

御参考に:

ターネーション日本語ブログ

ターネーションと似たような感じな映画Grizzly Man 
   予告編: Quicktime | Windows Media Player

ターネーションの英語情報

情報革命についてのGlobal Standard(僕の英語ブログ)記事
Knowledge Society and ICT

日本の情報産業の第一人者で言われる伊藤穰一JoiWeb

和書:ブログ世界を変える個人メディア

We the Media の日本語訳読みました

このポストもいつも通りに、友達に直してもらいました。
クリックしてや−−> ☆人気ブログランキング☆
Post by Neo*utO | 映画 | permalink | comments(5) | trackbacks(1)
The Fog of War を見たところで

Rotten Tomato映画評論サイトにようる、97%の評論家がお勧めする、2003年アカデミーの記録映画賞を取った名作です。

特に、衝撃的な画像を見せてる訳もないのに、
僕は今まで無いほど、
この戦争記録映画に感動して
目がうるうるしってしまった

第二回世界大戦の当事者、
キューバミサイル危機ベトナム戦争のアメリカ国防省長官たった
ロバート マクナマラ(Robert McNamara)は生歴史のように
監督Errol Morrisとマンツーマンで
歴史を振り返って見て語る

昔の画像には無い、 涙目のロバート マクナマラの言葉はすごく戦争の悲劇が伝わってくる。

僕的には、その映画の一番大事な教訓は 「相手国の立場を考える事」

僕が同意できない事はマクナマラは
遠まわしで戦争は人類の本能が変わらない事によってなくならない。

僕から見ると戦争より、協力の方が人間の本能に近い。

もう一つ異議は

マクナマラは アメリカ、ソ連、キューバのリーダーも 全員理性的なのに
核戦争爆発の直前まで行ったしまった。 それでマクナマラは理性も頼りにならないと言った

僕は逆に理性がある事によって、冷戦はキューバミサイル危機も
熱戦にならなかった事と考える。

理性は頼りにならないじゃなくって、頼りになる情報少ないのが問題だ。

この映画は誰にでもお勧めです

ブッシュも、ラムズフェルド(現役アメリカ国防省長官)も、
今、これからのアジアも世界のリーダーの皆さん全員みるべきだと思います
クリックしてや−−> ☆人気ブログランキング☆
Post by Neo*utO | 映画 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)
Howls
日本で上演してから一年間たって、ハウルの動く城やっとオーストラリアに来ました。

英語題名はHowl's Moving Castleになってる

僕にとってのハウルの一番すばらしいところは、
キムタクの声はいつもと違うところとか
強い女性を見せてくれるところ
サリマン魔女、荒地の魔女、
特に主人公おばちゃん。

しかし

僕のジブリのアニメ好きな理由は、
いつも予想外な世界に僕を連れってってくれて、
うっとりさせてくれたけど

ハウルには今までのジブリの名作と同じ様にうっとりさせられなかった

むしろ

ハウルは今までのジブリを振り返ってるような感じがした
(リミックスのような感じ)

なんとなく、ハウルの世界に出てきたキャラクターや、物、背景
は前のジブリの作品に似てるようなきがして。

僕にはウワーーウを感じなかったんです

天空の城ラピュタに出てたトンボ型な飛行機
ジブリのいつものスライム(粘液物)生物
18−19世紀と魔法の背景も魔女の宅急便に似てる。
主人公のソフィーも何となく、千と千尋に似てる
ってか
おばちゃんソフィーの顔も湯婆似だし
大国の戦争はナオシカにも出てた


まぁそれでも面白かったけど
やっぱりいい映画は何回みても面白い
このジブリリミックスも悪くない。

しかし、ジブリには一つだけ共通の弱点があります。
始まりが強く、終わりに弱い。

ジブリは非現実的な世界を背景にしてるから
映画の始まりに背景を紹介するのは一番面白い!!
話が進んで行って観客がその世界になれて来たところに
ジブリの力が無くなってしまう。
しかも話を上手くまとめないまま、終わっているようなきがする

魔女の宅急便は特にその問題があった

ハウルに終わりが弱いの問題、得意の背景紹介は新しいものなくって、始まりもあまり強くなかった。

ハウルは総合的にジブリに慣れてる僕をうっっとりさせられなかった

以上がハウルのスタイルについての僕の意見

ハウルのストーリ自体はよかったと思う

魔法、戦争、恋、過去現在、妙な生物と道具、ライバル

でもジブリは今回その素敵なストーリーを上手く表現出来てなかったような気がする。

なんか、ストーリーをしっかり伝えてないような気がした。

最終的に

ハウルは一つの商品ですから

商品としてはよかった
元々欧米のクラシックを使ってジブリリミックスして
ジブリに慣れてない人にとってはうっとりするし、とても惹かれると思う。

商品として、ビジネス戦略で考えたら、ハウルは結構ターゲット命中と思います。

その外国狙いな戦略は、グリーン・ディスティニーキルビル使ってたと考えます。

その狙い通り、ハウルは外国の評論家には大人気
ROTTENTOMATO映画評論サイトには
色んな評論家からハウルに対する賛美を集めた

宮崎の作品に慣れてる人は、別に見なくても損しない
慣れてない人特に外国の方は、ハウルは宮崎世界の紹介として一番いい映画かも

注:この文は僕の友達に日本語を直して貰ったものです、有難う!

クリックしてや−−> ☆人気ブログランキング☆
Post by Neo*utO | 映画 | permalink | comments(2) | trackbacks(7)
ABOUT
  • 色色について
  • Neo*utOについてスカイブでNeo*utoと喋るchat with Neo*utO
  • ゲストブロガーついて
  • 色色足跡帳
  • SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    SEARCH
      <div class="linktitle">PROFILE</div> <a href="http://iro-iro.jugem.jp/?pid=1"><img src="http://photos1.blogger.com/blogger/5814/795/1600/USERPIC_PHP.gif"/></a> <div class="linktext"> <ul><li><a href="./?pid=1" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_user');">Neo*utO</a></li> <li><a href="./?pid=2" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_user');">ゲスト ブロガー</a></li> <li><a href="./?pid=3" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_user');">About 色・色</a></li> <li><a href="./?pid=4" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_user');">色・色を応援</a></li> <li><a href="./?pid=5" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_user');">sakiko</a></li> </ul> </div>
    NEO*UTO ON
    FRIENDS
    LOOK
    <div class="links"><div class="linktext"><div id="jgSideAdContainer"><div id="jwdcm"></div> <script type="text/javascript"><!-- var jwdcm_partner = 'jugem'; var jwdcm_kind = 'jugemvertical'; var jwdcm_type = ''; var jwdcm_target_id = 'jwdcm'; var jwdcm_pr_color = '#333'; var jwdcm_pr_bgcolor = '#f0f0f0'; var jwdcm_link_normal_color = '#0000ff'; var jwdcm_link_hover_color = '#ff9933'; var jwdcm_url_color = '#22b14c'; //--></script> <script type="text/javascript" src="//cma.jword.jp/load.php"></script> </div></div></div>

     

    OTHERS
     Admin  | RSS1.0 |  Atom0.3 

    CREDIT
     Jugem for web hosting  | Spread for original design 

    COPYRIGHT
    Creative Commons License
    Except where otherwise noted, this site is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivs 2.5 License

    by Hsieh Ping Han.

    この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
    Neo*utO TV